大学病院のCRC求人をお探しの方へ!

大学病院のCRC求人募集を探す

※薬剤師求人サイトランキングを見る

最先端の医療技術や知識をフル活用して、新薬の開発や治験、臨床試験を行っているのが大学病院の仕事の一つです。薬剤師にとっては、大学病院内に設置されているこうした研究施設でCRC(クリニカル・リサーチ・コーディネーター)として仕事をすることは、薬学の知識や経験を生かして研究的な職務に没頭することができる、あこがれの職業でもあります。

CRCの仕事とは、病院内で行われる治験をする際に、薬の副作用や効果などに関して情報収集を行うと同時に、国が決める基準に基づいて治験や臨床試験をスムーズに行う職務をメインに行います。治験の際には、医師や看護師、そして薬剤師がチームとなってそれぞれの専門分野で力を発揮することが必要です。薬剤師の資格を持つCRCは、薬学的な側面から治験をサポートするのが仕事となります。

大学病院の中には薬学科が設置されているところも多く、その場合には、病院内で勤務する薬剤師の仕事も、大学の研究室から上がってきた人たちが優先的に採用されることが多いようです。実力とコネ、どちらも同じぐらい重視されるのが大学に併設されている病院の特徴でもあるので、働いてみたい病院の研究室にコネがある場合には、ぜひお願いしてみるのも良いでしょう。そうしたコネがない場合でも、大学の外部へ求人募集がかかるということは、外部から人材を採用しようということなのであきらめてはいけません。ハローワークなどで公開求人募集されることは少ないですが、非公開求人も取り扱っている転職エージェントサイトなら、こうした人気が高いCRCの仕事などでも取り扱っているので、タイミングよく見つけて応募することも可能です。

大学病院での仕事は、教授レベルにならない限り非常勤雇用という雇用形態が多いのも実情です。「なんだ、非常勤か」とあきらめず、非常勤雇用でも拘束時間は正職員と同じになることが多いのも、大学併設の病院の特徴です。

CRCの仕事は、薬剤師として最低限の知識や経験、スキルがあることが大堰堤となっています。他のスタッフとのコミュニケーションは欠かせませんから、対人スキルやコミュニケーション能力も必要となります。調剤業務を何年も経験して自分の能力に自信がある人、専門薬剤師の資格を取得したりして、高い専門性を持っている人などにとっては、ぜひチャレンジしてみたい仕事と言えるのではないでしょうか。離職率も低くてなかなか求人の募集自体が出てこない仕事なので、見つけたら待たずにすぐに応募するようにしましょう。

CRCの求人を掲載しているサイトはコレだ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細・申込みはこちら