CRCへの転職の成功のコツ

CRCの転職成功のコツ

※薬剤師求人サイトランキングを見る

CRC(治験コーディネーター)に転職をしたいと言う薬剤師は少なくありません。男性の薬剤師を中心に、高い給料を目当てに転職を希望する人も多いです。薬剤師の調剤にやりがいを感じられなくなり、もっとエキサイティングな仕事をしたいと思って転職を希望する人も多いです。

とは言え、薬剤師からCRCに転職するには、それなりの準備が必要です。薬剤師の国家資格を持っていれば無条件に有利だろうと考えると足元をすくわれます。きちんとした転職の準備が必要になってきます。

■薬剤師からCRCへの転職を成功させるには
薬剤師からCRCへの転職を成功させるには、自分の売り込み方を研究しなければいけません。そのために、大前提として覚えてもらいたいポイントが2つあります。

1、CRCはビジネスマンとしてのスキルを問われる
2、薬剤師としての高い専門性はそれほど評価されない
という点を肝に銘じて下さい。この辺りを履き違えると、まったく見当違いなポイントを面接でアピールして、不採用になってしまうケースもあります。非常に重要なポイントなので、少し詳しく語りたいと思います。

1、CRCはビジネスマンとしてのスキルを問われる
誤解をしている人がいれば考えを改めてもらいたいのですが、CRCは医療職の資格を持っていなくてもなれる仕事です。薬剤師、看護師からCRCに転職する人は多いですが、実際はそうした医療職の資格を持っていないCRCのスタッフもいます。

なぜ、専門知識を持っていなくてもCRCが勤まるのでしょうか?答えは、CRCに求められる能力が、薬剤師などとは全く違っているからです。高いコミュニケーション能力、書類作成能力、プレゼンテーション能力、事務管理能力、リスクマネジメント能力など、一般ビジネスマンが基本的に求められる高いビジネススキルが、CRCには求められるのです。

あなたが薬剤師からCRCに転身を遂げたいと思っているなら、自分のキャリアを振り返る際に、ビジネスマンとして貢献してきた部分をすくいあげる必要があります。

2、薬剤師としての高い専門性はそれほど評価されない
薬剤師の方は、自分の専門領域にどっぷりと入り込む、研究者肌、職人肌の人が多いです。その結果、どうしても専門知識や能力が大きなアピールポイントになると勘違いしてしまいます。もちろん薬剤師→薬剤師の転職では大きなアピールポイントになりますが、薬剤師→CRCに転身する際には、余り重要視されません。先ほども書きましたが、CRCは薬の開発という舞台で活躍するビジネスマンです。積極的にアピールするべきポイントは、自分の専門性の高さでなく、自分のコミュニケーション能力の高さ、業務改善能力などです。

逆に薬剤師という専門性にこだわっていると、CRCへせっかく転職できても、思っていた仕事と違っていたと後悔する可能性もあります。CRCは事務仕事が多く、製薬会社の担当者(CRA)や、治験実施機関の責任医師、分担医師、看護師、さらには被験者など、様々な人間の間を取り持って動き回る仕事です。薬剤師としての知識よりも、人間の理解の方が必要になってきます。その辺りを誤解すると転職に失敗します。

■自分のキャリアから、CRCの転職に役立ちそうな部分をピックアップする
CRCへ転職を果たしたいなら、自分が今まで薬剤師として歩んできた歴史の中から、アピールポイントをすくいださなければなりません。CRCとしてやっていけそうだと採用担当者に思わせるアピールポイントです。自分一人で探す自信がないなら、転職支援サイトなどを利用すると良いです。あなた専属のスタッフが上手にアピールポイントをすくいだして、見栄え良くパッケージしてくれます。上手に利用してみましょう。

CRCの求人を掲載しているサイトはコレだ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細・申込みはこちら