CRCの役割

CRCの役割

※薬剤師求人サイトランキングを見る

治験を行う場合、CRC(治験コーディネーター)は企業から依頼された治験を医療施設で行われる場合、円滑に行うための要の仕事になっています。治験担当医師、参加する患者、企業等のCRA、このほかコメディカルとの間に入り治験についての調整役となっています。CRCは看護師や薬剤師、臨床検査技師等の免許を持っている方が仕事に就くことが多いようです。

治験はCRCだけではすすめることはできませんし、治験担当医師だけでも難しいでしょう。

CRCの役割は治験の担当の医師への支援や治験依頼者との対応、治験参加の患者へのケアが主な役割となり、特にそれぞれへの調整役としての役割が期待されています。

治験が倫理的にもかなったものとなるように、インフォームドコンセントを充分に行い、治験参加者本人の意思で納得して参加してもらうように説明を行います。患者によっては医者に治験をすすめられたら、やらなければならないと思っていたり、断ったらその後の治療がおろそかになるのではと不安になっていることもあるようです。参加者の権利を充分に説明し、治験の目的や方法だけでなく、副作用やリスクについてもメリットデメリットを充分に説明するのが大きなCRCの役割の一つです。治験の進行中も患者から副作用についてや不安な点などを聞きとり相談を受け、副作用が出た場合には最小になるように医師や他のコメディカルと調整を行います。患者のケアもCRCの主な役割と言えるでしょう。

また、治験や臨床試験は、その試験の目的であるデータが重要な成果物となります。治験実施計画を充分に理解し、治験実施計画書を遵守して臨床試験を適正に行われるように配慮することが求められています。医師や看護師、薬剤師等他のコメディカルと調整しながら、科学的データを得、医師の支援やデータの適正さを確認し、データが有効なものであるように絶えず調整をし、データの事務処理を行う役割があります。患者の服用状況や副作用等、常にコミュニケーションも求められ、他の部署との連携もCRCの重要な仕事となっています。

治験にかかわる業務は多様なものがあり手続きや文書作成・管理、スケジュール管理など多くを抱えていることが多いです。

しかし、院内でCRCは数が多くはなく、他者に任せることができない場合もあり、急な休みなどは取れないこともあります。CRCの役割は治験を行う際に円滑になる調整役だけでなく、デスクワークも多くなっています。治験になくてなならない存在のひとりがCRCと言えるでしょう。

CRCの求人を掲載しているサイトはコレだ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細・申込みはこちら