CRCとCROの関係

CRCとCROの関係

※薬剤師求人サイトランキングを見る

日本の新薬開発は海外に後れを取っている現状があります。まず海外で新薬開発や治験を行い、医薬品として認定してからやっと日本での治験がはじまると言ったことは良くあります。また、日本では治験業務が長くかかり過ぎるので、海外でデータが良好なのを確認してから結果が良いと考えて行う時もあります。どちらも日本で治験を行う際に、時間がかかる、コストがかかると言った面が企業にとって大きな問題でしたから、治験は海外でやるのが通常という時期もありました。このことは日本の新薬開発の土壌が開発されず、空洞化してしまうという問題の他にも、いわゆる他国での人体実験と揶揄されてしまう現状が生まれました。日本の治験業界が低レベルと言われていた時期があったのは、日本の医療の現場にとって重すぎる省令等が負担になっていたこともあげられます。重すぎる医療現場の負担を軽くするために、省令改編により海外で認知されていたCRCやCRO等が日本に流入し、現在日本ではCRCやCROが中心となって、時間がかかりコストがかかる治験業務をスピーディーに円滑に行いうことでコストダウンも図ることができるようになってきています。

治験を取り巻く仕事はいくつかありますが、CRCは医療機関で行われる治験の仕事を円滑に行うものだとすれば、CROは様々な企業の治験業務を請け負う治験や臨床試験に特化した業務を請け負う医薬品開発業務受託機構(Contract Research Organization)です。企業の中にはCRAがいる場合もありますが、企業がCROに委託し治験業務を行うところも多く出てきています。CROで行われる業務は様々なものがあり、モニターはもちろん、プロジェクトリーダー、データマネジメント、メディサイエンスプラニング、システム開発、登録センター業務、品質管理、セントラルラボサービスやバイオアナリシスサービス等多様なものがあります。

1997年に施行された新GCPによって、治験におけるインフラやサービスの上昇が起こり、より安全で早くコストの安い治験が行われるようになっています。

現在では当初200社ほどあったCROの数も淘汰され1/5ほどに減っており、さらなる国際基準にあわせた対応や効率化が求められてきています。

近年ではCRCのセミナーを行うCRO等も出てきており、企業の依頼を請け負ったCROが病院のCRCの底上げを図るために講座を開く場合もあります。

CRCの求人を掲載しているサイトはコレだ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細・申込みはこちら