一般の薬剤師からCRCになる

薬剤師がCRCになる

※薬剤師求人サイトランキングを見る

毎日の決まりきった調剤業務に満足の出来ない薬剤師にとって、CRC(治験コーディネーター)は華やかな仕事に見えるかもしれません。医療従事者というよりも、ビジネスマンとして病院や製薬会社との間で立ち回る毎日は、憧れすら抱くかもしれません。ではもし、そのCRCに薬剤師がなろうと思ったら、どうすれば良いのでしょうか?

■今すぐCRCの募集を探し始めよう!
結論からいいますが、 CRCに憧れる薬剤師の皆さんは今すぐ求人を探して、応募してください。特に必須の資格もなく、薬剤師の国家資格を持っていれば今すぐ応募できてしまうからです。

■ところで、治験コーディネーターとは?
そもそも、治験の世界には厳格なルールが存在しませんでした。その結果として作られたルールがGCPであり新GCPです。しかし新GCPは厳格すぎて、ルールを守ろうとすると、逆に治験の実施そのものが難しくなってきました。治験が実施されなければ日本で新薬が誕生しなくなります。

そこで誕生した職種がCRC(治験コーディネーター)です。製薬会社と治験実施医療機関、被験者の間を取り持ち、複雑な事務処理をこなして、ルール通りに治験を運営するマネジメントのプロです。逆を言えばCRCがいないと、関係各所が法律を遵守して治験を行なえないくらい、プロセスが複雑なのです。その仕事を一手に引き受ける、醍醐味のある仕事です。

■転職支援サイトに登録をしよう
CRCの求人は、ハローワークよりも民間の転職支援サイトを利用して探した方が、良い求人が見つかります。優秀な人材を、お金を払ってでも集めたいと思っている企業は、ハローワークでなく民間の転職支援サイトを利用するからです。

実際、転職支援サイトのホームページを観覧して下さい。高収入、高待遇のCRC求人がたくさん見つかるはずです。CRCを募集しているSOM(治験施設支援機関)も千差万別あり、吸収合併をくりかえして巨大化している会社もあれば、地域に特化した地元密着の会社もあります。研修をOJTでいきなり始める会社もあれば、座学とOJTを組み合わせて指導してくれる会社もあります。年棒制の会社もあれば、月給+ボーナス制度の会社もあります。治験実施機関との力関係が上の会社もあれば、下請けのように扱われている会社もあります。SMOがグループで治験実施機関を抱えているケースもあります。本当に色々と会社があるので、自分1人の力ではぴったりの会社を見つけられません。

その点、民間の転職支援サイトは求人1つ1つの会社の特徴、人間関係まで把握しています。薬剤師でCRCになりたいと思うなら、転職支援サイトの利用を考えてみると良いかもしれません。

CRCの求人を掲載しているサイトはコレだ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細・申込みはこちら