看護師からCRCへ

CRCとは

※薬剤師求人サイトランキングを見る

CRCの募集を見ていると、募集の条件に、薬剤師の国家資格、看護師の国家資格という記述をよく見かけます。裏を返せば、薬剤師か看護師の国家資格を持っていると、CRCの仕事に応募しやすいという話です。

では素朴な疑問ですが、その看護師と薬剤師が同じCRCの求人に応募したら、どちらが有利なのでしょうか?

■CRCに関して言えば、看護師
答えを先に言いますが、一般的に看護師の方がCRCの転職で優遇されます。

その理由は2つあり、
1、コミュニケーション能力に優れている
2、臨床の経験が豊富

からです。もちろん上述の能力や経験が乏しい看護師もいますが、看護師として何年も働いてきた人間には、自然と備わっている能力でもあります。しかし一方で、多くの薬剤師は上述の経験に乏しい人が多いので、看護師との競走になったら、簡単には勝たせてもらえないのです。

1、コミュニケーション能力に優れている
薬剤師と看護師、コミュニケーション能力をより多く求められる職業はどちらかと言えば、看護師です。看護師は普段から医師や患者と積極的にコミュニケーションを取っていますし、大所帯である看護部で看護師同士のコミュニケーションを常日頃行っています。

その一方で薬剤師は、例えばドラッグストア、調剤薬局で勤務しているとなると、どうしても看護師ほどのコミュニケーションの機会が得られません。医師はもちろん、看護師とも積極的にぶつかりあう機会もありません。

治験を実施するスタッフは担当医師と看護師です。CRCになって治験実施機関の医師、看護師と上手にコミュニケーションが取れなければ、仕事にならないのです。

2、臨床の経験が豊富
臨床の経験は、看護師の方が上です。もちろん病院薬剤師の中には病棟に飛び出して、積極的に医師に提言活動を行っている人もいます。しかし、大多数の薬剤師は門前薬局やドラッグストア、調剤薬局で働いているので、臨床の現場を知りません。看護師ほどカルテを読んだ経験もないですし、緊急時の対応力も違います。

もちろん、薬の知識に関して言えば、薬剤師が看護師を圧倒しています。しかし、残念な話ですが、その圧倒的な知識のほとんどは、CRCの業務では使いません。むしろ人をまとめあげ、動かしていくマネジメント力が問われているのです。

■薬剤師の皆さんは、自分のアピールポイントを履き違えないように
CRCを目指して転職試験を受ける予定の薬剤師さんは、ぜひとも聞いて下さい。CRCに転職をする際には、自分のアピールポイントを履き違えないようにして下さい。あなたの薬剤の知識はそれほど重要視されません。むしろ看護師のようなフットワークの軽さ、コミュニケーション能力が評価されるのです。

仮に自分のメリットを履歴書や面談用にまとめるなら、コミュニケーション能力の高さ、事務処理能力の的確さをアピールした方が効きます

CRCの求人を掲載しているサイトはコレだ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細・申込みはこちら