病院のCRC求人をお探しの方へ!

病院のCRC求人募集を探す!

※薬剤師求人サイトランキングを見る

病院内のCRCの実態は2パターンあります。ひとつはSMOに所属するCRCとして医療機関に派遣される場合と、もうひとつは医療機関に所属しており、薬剤師や看護師、臨床検査技師等の資格をもっていてCRC業務を行っている場合です。前者はSMO:Site Management Organization(治験施設支援機関)に努めることになり、院内CRCがいない医療施設へ派遣され、医療施設での治験を補助することとなります。そのため、病院でCRCとして働きたいと思っても、雇用元はSMOとなります。

後者は小さな病院では医療機関内にCRCとして雇用することは少なく、大きな病床数の多い病院では専門に雇っていたり、主任クラスのひとが兼務していることがあります。院内CRCと呼ばれることがありますが、求人ですぐに院内CRCとして働くとするとCRCの知識はもちろんコミュニケーション能力も問われる大きな責任があると思っていいでしょう。

病院のCRCは患者のインフォームドコンセントを行い、医者や看護婦、薬剤師等のコメディカルとの調整を行う必要があります。新薬の開発や薬剤に関心があり、患者とのコミュニケーションや他の職種との連携が苦にならない方にはおすすめの仕事です。新薬についての知識も必要になってきますし、データの収集や治験参加の患者さんとの会話は治験を成功させるためにも重要なものになっています。

病院でCRCになるには実は特に資格がいるわけではありません。一般的にあると便利な資格というものはありますが、特に決まりがあるわけではないのです。CRCが日本で勤務しだしたころは特に資格なしでも問題がないところが多かったのですが、CRCの技術や知識が必要だと認識されている現在は特に薬剤師のCRCが求められているようです。薬についての知識はもちろん、治験のベースとなる薬学知識もあり、数理的、科学的知見もあれば言うことはありません。治験のデータを整理し結果を報告する作業や事務作業等を薬剤師の方は苦手にせずにコツコツとやる方が多いからだそうです。

病院のCRCの求人を探すなら、まずはCRC専門の求人サイトを確認してみるといいでしょう。求人情報を見ただけでは分からない情報も求人サイトのコンサルタントが所持していることもあるので相談してみるといいでしょう。病院でCRCを行うのは、なかなか簡単な仕事だとは言えませんが、向上心にあふれ、自分の新しいキャリアや新薬への興味関心が高ければなかなかやりがいのある職場になるのではないでしょうか。

CRCの求人を掲載しているサイトはコレだ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細・申込みはこちら