院内CRCの求人をお探しの方へ!

院内CRCの求人募集を探す!

※薬剤師求人サイトランキングを見る

一部の病院をのぞいて、医療機関ではコストの削減が求められ、赤字経営からの脱出が試みられています。そのため、どの医療機関も必要性はあると考えられていても、コスト面からフォローがなければ積極的に採用はすすめられていないようです。CRCを雇用することによって、診療報酬に何かプラスになればいいのですが、治験が活性化するように提唱されていますが、まだまだ足ぶみされている状態と言えるでしょう。

そのため院内CRCは非常勤雇用で対応しているところが多く、正規職員としての採用は少ないようです。院内では薬剤師や看護師、臨床検査技師として既に働いていて、治験業務がある時に他の業務と一緒に治験を兼任していることも多いです。専任で雇用されている院内CRCは、病院で研究部門があるところや治験部門があるところで大学病院や有名病院にはあるようです。

院内CRCになるには、病院内でCRCになりたいと勤めているときに希望を出すか、勤めている病院でCRCが厳しいなら、院内でCRCを多いているところに転職するのが近道です。CRCの求人はSMOの求人が多いですが、院内CRCもありますので、求人情報をチェックしていくといいでしょう。

院内CRCに求められる技術は誰かが教えてくれるものと思っていると、技術は身につくことは難しいでしょう。自ら講習会や勉強会に行ってCRC業務について勉強することが必要になってきます。様々な学会でCRCの認定講習会がありますから受けてみるのも良いでしょう。

院内CRCの場合は未経験で求人に募集する際には、未経験OKの但し書きがなければ仕事ができるものみなされ、責任は重大です。先ず院内CRCになりたい場合は専門のCRCの求人サイトに相談してみるのも良いでしょう。

院内のCRCは病院内の患者にも近く、そして医師や薬剤師とも普段から近い関係で接することができ、治験について調整を行う際にも、派遣ですぐにいなくなってしまうCRCよりも信頼関係を構築しやすいことが言えるでしょう。

求人サイトのエージェントは院内CRCを募集している病院にも詳しいですし、転職する際にもなぜ求人が出たのかと言った裏の情報まで教えてくれるでしょう。職場の様子を知ることは長く勤めるためにも大きな関心がありますから、まずは院内CRCについて相談してみましょう。公開されている求人だけでなく、非公開の求人もありますから、より有利な情報が得られるはずです。

CRCの求人を掲載しているサイトはコレだ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細・申込みはこちら