CRCとCRAの違い

CRCとCRAの違いは

※薬剤師求人サイトランキングを見る

CRCとCRAは混同されやすく、一般の人ではよくわからない仕事の一つなのではないでしょうか。CRCはClinical Research Coordinator (治験コーディネーター)、CRAはClinical Research Associate(モニター)と日本語では表記することが多いです。

立場で言えば、CRCが治験が行われる医療機関側であるのに対し、CRAは医療機関に治験を依頼する製薬会社等の企業側の立場となっています。

双方ともに看護師や薬剤師、臨床検査技師などの資格が求められることが多く、医薬品の知識や臨床知識、また、事務作業も大きな割合を持っており、資格の他にPCスキル等も必要になってきます。

CRCは特に治験を円滑に実施するように病院内で医師や他のコメディカルと関わり合いを持ち、患者にインフォームドコンセントを行い、治験がスムーズに行われるようにコミュニケーションの能力は必須となっています。また、CRAは治験が予定通りに行われているか確認し、監査することが主な業務内容となり、治験が行われた医療施設から得たデータの中でおかしいものがないか確認し、あれば再度治験を行い正しいデータを得るようにかけあいます。

どちらも治験を円滑に進めるために重要な仕事になっています。大きな違いの一つはは治験の依頼をする側と受ける側にあると言っていいでしょう。

治験をする際にCRAは医療機関の適性を評価し、治験の行う医師を選び、治験契約を行います。治験実施計画や医師の責任分野の協議や合意、モニタリングのスケジュールや契約書類・支払いについて等を治験開始前に確認し、医療機関側への説明を行い治験に必要な支給品や書類書式等の準備をします。CRCは治験についての病院側の窓口となり、CRAが用意したスケジュールにのっとり治験の準備・実施を行います。特に被験者の同意取得やケアを行い、データの収集や整理CRFの作成支援等を行い治験進行中のCRAの対応を行います。CRAは治験が計画通りに行われているか確認したり、原資料を検証したり報告書を作成します。治験業務終了時にはCRAがデータを回収し、支払い関連の確認や書類関連の確認を行い、依頼元の企業へ報告となります。

CRCとCRAは立場は違えど治験にかかわる業務には変わりありません。治験にかかわる仕事をしたいと思っているなら専門の求人サイトを利用すると、より具体的に専門とかかかわれるのでいいでしょう。

CRCの求人を掲載しているサイトはコレだ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細・申込みはこちら