CRCのやりがい

CRCのやりがい

※薬剤師求人サイトランキングを見る

CRCは治験コーディネーターとして一番嬉しい言葉と言えば、治験に参加して下さった患者さんたちから、治験に参加してよかった、という言葉をもらったときだそうです。

新薬を開発する際、前臨書試験で動物実験が行われ、効果や安全性が期待できると言われていていざ人で試してみると上手くいかない場合があるのです。前臨床試験の実験に使われた動物が珍しい動物だった場合には、効果がより出る数字の動物が選択されている場合があり、治験では上手くいかないケースもあるのです。現在、新薬の開発は目立ったものはなく新薬開発の難しさが治験にも表れていると言えるでしょう。

その中で、治験に参加して良かった、という言葉を参加した患者から言われるということは、新薬自体が患者にあっていて良い結果を出せたか、治験で患者の治療が可不可なく行われたと言えるのではないでしょうか。治験でCRCはまず患者に治験についての充分なインフォームドコンセントを行います。そして、それだけでなく治療の最中に治験参加者と関わり合うことで、信頼関係を築くことができたのでしょう。

治験において参加者との信頼関係ができなければ、参加者の中において、治験はまるで人体実験のように自分がモノとして扱われる不快感を感じるようです。

新薬の開発は医療の向上において必要なものです。CRCはその開発において、人とかかわり合う重要な場面に存在する職業です。

人によっては効くか効かないか分からない新薬を試すのですから、当然参加者も不安を段々と感じてくる人もいるでしょう。CRCはそんな様々な参加者の声を拾い、不安を解消して治験をスケジュール通りに進ませることが大切になってきます。

新薬と言ってもあまり効かない新薬もあるでしょうし、中には重大な副作用が発見して開発中止になることもあるでしょう。しかし、CRCは新薬を世に出すことが仕事ではなく、新薬が人に効果的であることを「確認」することで、新薬が開発中止になるようなデータもとても意義のあるモノと言えるのです。新薬の臨床試験を受けた参加者が重大な副作用が起きた時に、もしかしたらその参加者からは恨まれることもあるかもしれないけれど、その貴重な情報を社会に還元することで、これから起こるかもしれない被害を最小限にすることができるわけです。

CRCのやりがいは、新薬開発がうまく行った時だけでなく、新薬開発が中止された時にも実は感じることがあるようです。新薬が開発中止になるような事態になっても、きちんとインフォームドコンセントを行い、副作用を最小にする努力を行って自身の仕事に最善につとめることで参加した患者から感謝されることさえあるようです。CRCのやりがいは、目に見えないことが多いですが、CRCの存在意義を感じる時に多いようです。

CRCの求人を掲載しているサイトはコレだ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細・申込みはこちら