CRCとは

CRCとは

※薬剤師求人サイトランキングを見る

医薬品の中にはいまだ特効薬が開発されていない病気も多く、製薬会社各社では新薬開発がすすめられています。新薬ができるまでには、研究室での新しい薬になる可能性のある物質を選別し、動物実験を行い効果と安全性を確認しています。新薬として効果がありと見られたもので動物実験をパスしたものは人による臨床試験に入ります。これらを治験といいます。

CRC(clinical research coordinator)とはこの治験において、新薬の人の安全性や効果を確かめるために国の指針にのっとって治験を円滑に行うためのスタッフです。医師は一般治療もあるために薬剤師や看護師、臨床検査技師などの資格を持った職員が主にこの役割を担っており、患者が治験の説明を受けて内容を十分理解したうえで、自分の自由意思において治験や方針に合意、あるいは拒否など出来るようにを充分な治療内容や副作用、費用等予後も含めて納得するまで説明をします(インフォームドコンセント)また、治験参加者の治験の不安や質問等を受け精神的ケアや相談をしながら、治験にかかわるスケジュール管理なども行います。治験に参加するのは医療チームで参加し、医師や薬剤師など他コメディカルとの調整も行います。また、データを集め副作用や効果などの症例報告書の作成業務を行います。

この業務には特に資格がいるわけではないですが、治験だけでなく、市販後の臨床試験も行う人も増えており治験コーディネーターや臨床試験コーディネーター等と呼ばれており、CRCと略すことが一般的です。

様々なよばれ方をしていますが、患者だけでなく医師や他のコメディカルとの連携が重要な仕事であり、臨床の知識も多く必要になってくる仕事です。

CRCになりたいという方はまずは臨床の知識があり、カルテやプロトコル等詳しく理解することができるといいでしょう。新卒ですぐにCRCになるよりは病院につとめて臨床知識を得てから行うのがいいでしょう。

CRCの転職は専門サイトを利用するのがいいでしょう。専門知識を得るためにセミナーを開いているところもありますし、講座を開いているところもありますので、新しい分野に飛び込んでみるのも良いでしょう。しかし、CRCは治験のプロとして他のコメディカルとかかわることになりますし、患者とも対応することになりますからコミュニケーションが不安な人や、治験業務にルーズな人は向いていないでしょう。CRCに向いているかどうかはCRC専門の転職サイトで相談してみるのも一つの手でしょう。

CRCの求人を掲載しているサイトはコレだ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細・申込みはこちら