CRCの求人・募集についてご紹介!

CRCの求人募集を探すなら転職エージェント!

こちらの【CRC求人募集ランキング】はCRCに転職したい薬剤師さんにご覧になって頂きたいサイトです。CRC関連の情報が盛りだくさんです!ぜひご参考にしてください。

それと、転職の際に役立つ薬剤師専門の転職エージェントをご紹介しています。こちらはどの薬剤師さんでもご利用できる転職支援サービスです。当サイトでご紹介しているサイトは無料で利用できます。

現在、当サイト一押しなのは、リクルート系の会社が運営する「リクナビ薬剤師」です。もちろん無料で利用できますので、ぜひ登録してみてください。

CRCの募集掲載!薬剤師求人サイトランキング!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細・申込みはこちら
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細・申込みはこちら
薬キャリ申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社メディカルリソース
公式ページ ファルマスタッフの詳細・申込みはこちら
ファルマスタッフ申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 ジェイネクスト株式会社
公式ページ ヤクステの詳細・申込みはこちら
ヤクステ申込みはこちら

薬剤師でCRC希望者が増えている理由

薬剤師の資格を持っていると、色々な場所で働けます。中でも花形と言われる職業はやはり、病院薬剤師であり、製薬会社の薬剤師です。ただし、そう言った職種は募集も少なく競走倍率も高いので、なれるとは限りません。その結果、調剤薬局やドラッグストアに流れる薬剤師が多いです。その一方、今は第3の花形職業も誕生しつつあります。CRC、治験コーディネーターです。

■CRC(治験コーディネーター)は、やりがいと高待遇が魅力
なぜCRC(治験コーディネーター)が人気なのか、その理由はやはり、薬の開発にたずさわれる充実感と、待遇の良さにあると言えます。治験コーディネーターになるために、薬剤師の資格が必須であるというわけではありません。それでも、現状として中途採用で薬剤師は採用されやすい傾向があるので、薬剤師の転職先として非常に盛り上がっています。

■CRC(治験コーディネーター)の仕事は、まさにコーディネート
CRCとは、Clinic Research Coordinatorの略、つまり治験をコーディネートするスタッフです。調剤などの業務はなく、治験実施機関と製薬会社の間を取り持つ調整仕事を行います。治験に参加する被験者に対して分かりやすい資料を作ったり、相談に乗ってあげたりする業務もあります。圧倒的なコミュニケーション能力が必要ですし、プレゼンの能力、資料を作る能力、不安を聞いてあげる能力、そして薬剤に関する知識も必要になってきます。当然その毎日には、やりがいがあり、そのやりがいも人気の理由です。

■CRC(治験コーディネーター)は、報酬も良い
薬剤師の報酬は、一般的に悪くはありません。しかし、長く勤務しても伸びていかないという不満が、様々な薬剤師の仕事場で噴出しています。一方のCRCは違います。単なる薬剤師というよりも、薬剤の知識をベースに持ったビジネスマンなので、当然報酬も良いですし、将来的にも伸びしろは大きいです。例えばあるCRCを中途で募集している会社は、

勤務時間:9:00〜17:45
給与:200,000〜400,000円(経験、能力で決定)
その他:賞与2回、時間外手当、資格手当て、各種手当て
休日:週休2日(原則土日)、祝日、夏季、年末年始、有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休業、介護休業
新人研修:5日間の新人研修+3ヶ月のOJT
福利厚生:社会保険、社員持ち株、リゾートクラブ使用権、転勤時の社宅

という条件を出して、薬剤師を募集しています。能力を買われて採用されれば、最大で月給40万円+諸手当スタートです。ボーナス抜きで年収480万円。賞与を3ヵ月と仮定すれば年間で240万円なので、480万円+240万円=初年度720万円スタートです。さらにその後、役職や資格が付けば、年収は右肩で上がっていきます。

■あなたもCRCへチャレンジしよう
CRCは、病院の薬剤師でもなく、製薬会社の薬剤師でもなく、その両方をつなぐ位置に存在します。ビジネスマンとしてのスキルに自信があるなら、まよわずCRCにチャレンジしましょう。